郊外店で酒は?   

Excite 京都のラーメン店を捜索 常連の運転手に酒を提供

郊外店に夜中歩いて来る人っていますか?
車を運転して来る人しかいないはずですが、それで酒を出してるということは言い逃れできないでしょう。だからこうなると誓約書でも書いてもらって酒を出すしかないのでは。

それとも郊外店では酒を出すのを禁止したらどうですかね。
その場合は持ち込み可にして、そこまでは知らないよとしとけば。
まあ、酒が一番稼げるから止める事が出来ないんでしょうね。
郊外に有るショットバーなんて明らかに矛盾しているから、せめてその辺りから規制出来る様にしても良いと思いますがどうでしょうか。





 京都府福知山市夜久野町の「長浜ラーメン」が、常連客の長距離トラック運転手(54)=道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで書類送検=に運送業務中に酒を提供していた疑いが強まり、兵庫県警の捜査本部は11日、同法違反ほう助などの疑いで、ラーメン店を家宅捜索した。
 調べによると、同店は2月15日午後3時ごろから同6時ごろにかけて、大型トラックで来店した運転手が酒気帯び運転をすると知りながら、生ビールや焼酎のお湯割り計6杯を提供した疑い。
 運転手は同日、兵庫県朝来市で酒気帯び運転の現行犯で逮捕された。数年前から週に1回程度、来店し酒を飲んでいたと供述しているという。
 兵庫県警は4月以降、長距離トラックの酒気帯び運転をめぐり、運送会社計12社を捜索している。

[PR]

by e_jovanni | 2006-05-11 23:35 | 人間として

<< 何のために不正値引き? まだまだ守っています。 >>