タブーでは無いのですか。   

Excite <憲法アンケート>改正賛成の学生が半数割る

今日は憲法記念日なので、憲法の話題を。
今の学生にとっては改憲に賛成する事自体タブーではないと言われているそうですが、本当に真剣に考えているのだろうか?
9条を改正したら、前面に出ていくのは今の学生たちの世代ではないのか。
徴兵されてもいいと思っているのか、この辺りの更に突っ込んだアンケートが必要だと思うのだが。
昔だったら考えられなかったというより、大きな声にかき消されていたのが本当の所ではと思う。






 憲法記念日に合わせて川島高峰・明治大助教授(政治学)が、明治、早稲田両大生を対象に憲法に関するアンケート調査を実施したところ、憲法改正に賛成と答えた学生は48%で、02年、05年の同様の調査と比べて7ポイント減少した。反対は18%だった。9条改正に対しては、賛成が前年比9ポイント減の37%となり、反対(39%)の方が上回る結果となった。

 調査は4月25〜28日、川島助教授の講義を履修している明治大情報コミュニケーション学部、経営学部、早稲田大理工学部の720人を対象に実施。614人から回答を得た。

 憲法改正に賛成の学生は過去2回の調査ではいずれも55%だったが、今回初めて半数を割った。9条改正は前年は賛成(46%)が反対(35%)を上回っていたが、今回は逆転した。

 国際協力活動への参加については、「武力行使を伴わない活動に限定」が61%と高く、紛争地への関与そのものに「消極的・反対」も16%に上った。「武力行使を伴う活動への参加」を求めたのは13%にとどまった。

 川島助教授は「学生にとって改憲はタブーではなくなっているが、イラクの戦闘が長期化して米国への嫌悪感が広がっており、米国の軍事戦略に巻き込まれるとの懸念があるようだ」と分析している。

[PR]

by e_jovanni | 2006-05-03 21:31 | 人間として

<< まだ見つかってないのですか。 本当に夢があるなら.... >>