祈りを捧げたい   

Excite <尼崎脱線事故>あれから1年 25日に多くの追悼行事

先日、やっとの事で現場へ行って祈りを捧げて来たが、あれから一年を迎えるこの時に再度祈りを捧げたい気もするが現地まで行かなくともどこで捧げてもいいんだという気持ちとで、ちょっと葛藤気味です。
というのもこの二日間ご近所の葬儀の手伝い..それもまた私より若い...をして感傷気味なもので気分的に明るくない。
親より先に死ぬなよと言いたいけど、それも病気じゃ仕方ないか。
落胆の様子を見てるのはホントつらい。
どうして最近はこういうのが多いのかな、私の周りだけですかね。

まだまだ先の話だと思うが、同じ年代の人が亡くなって行くのを見送るのはよけいに淋しくなるんでしょうな。

JR西日本もこの日は全社あげて追悼したらどうですかね。
全ての列車をちょっと止めてもいいじゃないですか。
たまには、そういう余裕を持ったらどうでしょうか。


d0040314_22485053.jpg







107人が死亡、555人が負傷した兵庫県尼崎市のJR福知山線脱線事故は25日、原因や背景に未解明の部分を多く残したまま発生から1年を迎える。遺族や負傷者の心身の傷が癒えない中、JR西日本の追悼慰霊式が開かれ、発生時刻の午前9時18分に現場や沿線各地では黙とうがささげられるなど鎮魂の祈りに包まれる。

 追悼慰霊式は午前9時から尼崎市昭和通2の市総合文化センターで始まり、北側一雄国土交通相の「追悼の言葉」、山崎正夫JR西日本社長の「おわびと追悼の言葉」の後、遺族代表が「慰霊の言葉」を述べる。式典後の午前11時〜午後8時半は一般の献花を受け付ける。沿線主要6駅と大阪駅は午前7時〜午後6時、記帳所を設置する。

 学生が犠牲となった大学も多い。京都女子大は24日に追悼式を行い、甲南大は24〜26日に献花台を設置。25日は同志社大で追悼礼拝、大阪産業大で追悼のつどい、龍谷大でも追悼行事があり、近畿大は祭壇を設ける。

 負傷者らでつくる「思いをつなぐ連絡会」は25日午前8時から福知山線沿線各駅にメッセージボードを置き、追悼の青色リボン2万個を配り、午後3時半からは阪急宝塚駅構内でコンサートを開く。午後6時半から尼崎市総合文化センターで開かれる「追悼と安全の夕べ」(入場無料)では、事故で負傷した芦屋女子短大教授の阪本朋子さんのピアノ演奏などがある。

 発生時刻には、兵庫県仏教会が福知山線沿線の寺院で追悼の鐘を鳴らし、尼崎、伊丹、川西、宝塚、西宮、三田各市も来庁者に黙とうを呼びかける。

[PR]

by e_jovanni | 2006-04-23 23:05 | 人間として

<<  もう諦めたと思ってたんだけどね。 もうすぐ一年ですね >>