この子たちは何??   

Excite <姫路ホームレス焼死>少年4人に逮捕状 殺人容疑などで

またまた、こんな事件が。
近くでこんなの起こしてほしくないなあ、去年にこんな事が有ったなんて全く知らなかった。
一人は、罪の重さに耐えかねて犯行を悔いてしゃべっていたようだが。他の連中は一体?

あの河川敷に人が住んでいたというのも、初めて知りました。
虫けらを潰すのと同じ感覚といっても、どんな人でも人間ですよ。
それを、こんなに簡単に潰してしまうとは。
今、起きている色んな事件と根っこは同じですかね。
悲しいですね。

d0040314_23114733.jpg







 兵庫県姫路市内の橋の下で野宿生活をしていた雨堤(あまづつみ)誠さん(当時60歳)が火炎瓶を投げ付けられて焼死した事件で、県警捜査1課と姫路署は14日、恐喝容疑で逮捕していた無職少年2人(いずれも16歳)と、中学3年(15)、高校3年(18)の計4人について、殺人と火炎びん処罰法違反容疑で逮捕状を取った。この事件の約2カ月前から、少年グループが事件のあった橋の下で暮らす5〜6人の野宿生活者に嫌がらせを繰り返し、雨堤さん以外の野宿者にも火炎瓶を投げつけていたことも判明。県警はこうした行為への関与についても4人を追及する。

 調べでは、4人は昨年10月22日午前4時20分ごろ、同市西夢前台の夢前川にかかる国道2号夢前橋の下の雨堤さんの寝場所に火炎瓶を投げ込み、雨堤さんを殺害した疑いが持たれている。

 4人はこれまでの県警の任意の事情聴取に対し、雨堤さんの寝場所に火炎瓶を投げ込んだことを認めているという。県警は、4人が雨堤さんが足が不自由であることを認識しており、「未必の故意」があったと判断し、殺人容疑などでの逮捕状請求に踏み切った。

 周囲の野宿者の話では、少年グループは昨年夏ごろから雨堤さんら野宿者に頻繁に嫌がらせをするようになった。投石から、テントへのロケット花火打ち込み、油を染み込ませた布に火を付けての投げ込みなどをし、さらには、火炎瓶にまでエスカレートしていったという。雨堤さん以外にも火炎瓶を投げつけられた野宿者もいた。

[PR]

by e_jovanni | 2006-03-15 23:13 | 人間として

<< またまた新幹線ですか。 さすがイチロー この気迫!! >>