画期的な判決!!   

Excite 落雷「教諭が予見できた」 最高裁審理差し戻し

これは、結局誰も責任をとろうとしなかった為に最高裁まで行ってしまったのでしょう。

高校の部活にありがちだと思うが、これによって明らかに危険な天候状態での競技の続行は避けられるのではないだろうか。

ただ、その辺の線引きが難しいでしょうから、今後はある程度の基準を作っていかないと高校の部活は成り立たなくなるでしょう。

この件に関しては、明らかに危険な状態と認定されたから最高裁にしては珍しい画期的な判決になったのではないか。







 私立土佐高校(高知市)1年の時、大阪府高槻市でのサッカー大会試合中に落雷を受け、両目失明など重い障害を負った北村光寿さん(25)と家族が、学校と主催者側に約3億円の損害賠償を求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第2小法廷は13日「引率教諭は落雷を予見できた」と判断。原告敗訴の2審高松高裁判決を破棄し、審理を同高裁に差し戻した。
 差し戻し審では、実際に被害が回避可能だったかどうかを審理し、賠償責任の有無や賠償額などを判断する。北村さん側が逆転勝訴する可能性が大きくなった。
 自然災害の落雷事故で教育機関の責任を問う初めての訴訟で、学校関係者らに影響を与えそうだ。
 判決理由で中川了滋裁判長は「学校の課外クラブ活動では、生徒は担当教諭の指導監督に従って行動するのだから、担当教諭はできるだけ事故の危険性を具体的に予見し、防止措置を取って生徒を保護する注意義務がある」と指摘。

[PR]

by e_jovanni | 2006-03-13 23:18 | 人間として

<< さすがイチロー この気迫!! とりあえず第一段階通過ですか >>