鎮魂の火   

Excite 社会ニュース : <阪神大震災>発生から11年、鎮魂の朝…風化懸念の声

風化、風化と言うけれど、それはどうも行政だけでしょう。
ヒロシマの様にいつまでも鎮魂は続くと思いますし、途切れさせてはいけない。
それが生かされた者の務めだと思う。



今日は、鎮魂の火を灯すために行って来ました。
さすがに、その時間には行けませんでしたが。
昨日の続きですが、あの日テレビを見てても仕方がないということで仕事場に向かいました。午前の遅い時間になりましたが電車は全く動かないので車で向かったのですが、渋滞の為遠回りして自衛隊の近くを通るとちょうど出動する所で更に渋滞。今頃出てどうするんだという感じで車内で話したのを覚えています。仕事場はさすがに散乱し物も落ちていたし、動かない書棚が動いていました。被災地に比べたら大した事ないですけど。
さすがにその後は一日ぼうとしていたのを覚えています。
神戸の惨状をテレビで見るにつけ信じられない気持ちで、ただただぼーとしていました。


d0040314_2142456.jpg






「慰霊と復興のモニュメント」での献花
d0040314_21434635.jpg


「鎮魂の灯火」
d0040314_21462336.jpg


d0040314_2148268.jpg


「5時46分で止まった時計」
d0040314_21504447.jpg



今日は、もうこれ以上書けません。
とにかく風化させないように続けたいと思います。
[PR]

by e_jovanni | 2006-01-17 21:54 | 人間として

<< 鎮魂の旅 その1 11年で風化?? >>