愛すべきkiwiたちよ?!   

ATMなのに、超アナログ!? | Excite エキサイト

この話は面白すぎる。大笑いしてしまった!!
この国は面白い話が多すぎる。
この話、ネットで探したけどちょっと分からなかった。
実際に行った時は、まあ預ける事も無かったから分からなかったなあ。
実際に住んで生活してみないとホント分からないものですね。
d0040314_22534457.jpg





------------記事より---------
旅行ではわからない、その国に生活して初めて見えてくるものがある。ここ、ニュージーランドにおいては、銀行の「ATM」がそのひとつ。日本とニュージーランドでは、ATMを利用して、「預け入れ」する際の仕組みがまるで違うのである。
日本のATMの場合、顧客は紙幣と小銭をATMに投入するだけ。ATMが金額を勘定し、顧客はディスプレイ上に表示された金額を確かめれば終了。一方、ニュージーランドのATMの場合、まず、金額を自分で入力して申告するところから始まる。申告した金額はレシートに表示されてATMから出てくるので、捨てずに持っておく。次に、紙幣(コインは不可)だが、そのままATMに投入することはできない。代わりに、ATMから封筒が出てくるので、現金とさきほどのレシートを入れて、ATMに戻す。つまり、預け入れに関して言うと、日本のATMのようなオートマティックさは、まったくない。
この後、ATMの裏では一体何が起こっているのか? 驚くなかれ、銀行員たちが封筒を集めてせっせと開封し、ひとつひとつ処理するという、これまた超アナログ作業が行われているのだ。なぜ、紙幣をそのままATMに投入できないのか。ナショナルバンク広報担当のカーラ・アボットさんに訊ねてみた。
「ATMでは偽造紙幣を完璧に識別することは不可能なので、人間の目で紙幣を確認する必要があります。また、ニュージーランドの紙幣はポリマー製で、破れにくい反面、折れ曲がったりすると型がとれにくい。屈曲した紙幣がATMに投入されれば、機械が故障する原因になりかねません。そのため、封筒に紙幣を入れて投入する方法をとっているのです」。  
 このATMでの預け入れについて、ニュージーランド在住の日本人に話したところ、ほかの銀行では、そもそもATMを使って入金することができないという。早速、他行のATMを確認してみると、ディスプレイ上に「お預け入れ」の表示がない。「預ける」「引き出す」が当たり前の日本のATMに慣れていると、引き出すだけのニュージーランドのATMがとても不便に思えてしまう。
現在ニュージーランドでは、偽造紙幣を防ぐために素材の開発が進められている。この国にも、直接紙幣を投入できるATMが登場するかもしれないが、さて、いつになりますことやら。

--------------------------------------
d0040314_2340466.jpg更に面白い事に紹介サイトに次の様な事が書かれてあった。
写真は私が持っている紙幣とコインです。
そう言われて見れば紙質は相当ひどいしコインはブラが入っている様な気がする。紙質は悪いですけど相当強そうです。
日本の場合、預け入れが可能といっても平日しか出来ません。もしかして裏に誰か居たりして?
平日だけというのも不便なんですけどね。


【端数はどうなるの?】
こちらの通貨を見て分かるとおり、1という通貨がありません。なのに2.99ドルとか表示してあるんですよね。お釣りってどうなんだよって突っ込みを入れたくなるのですが・・・はい、2.99ドルの場合、3ドル渡します。お釣りはありません。キャッシュの場合は四捨五入でEFTPOS/エフトポス(日本で言うデビットカード)なら2.99が銀行から引きおとさせれます。NZの銀行のキャッシュカードを持っている場合はエフトポスを使用した方がお得です。
ニュージーランドの通貨単位 :
ニュージーランドの通貨単位を御存知ですか? 通貨単位は、ニュージーランドドル = NZ$です。 以下のような紙幣と硬貨が有ります;
紙幣 : $5, $10, $20, $50, $100
硬貨 : 5¢, 10¢, 20¢, 50¢, $1, $2


1ドルはあっても1セントは有りません。
計算もSwedish Round Upだそうです。
Round Upとは、四捨五入の事です。 Swedishとは、「スウェーデンの」とか「スウェーデン式の」とか「スウェーデン人の」とか言う意味です。
Swedish Round Upは、四捨五入では有りません。 我々には、馴染みの無い独特の切り上げ、切捨て計算方法です。 それは、このような規則です。 金額の末の数字が 3、4、5、6、7¢ の場合は、5¢とします。 同様に、8、9、0、1、2¢の場合は、0¢(ゼロ¢)として勘定されます。
アバウト過ぎる様な気がしますが慣れれば分かるのでしょう。
ホント細かい事は気にしない人達なんでしょう。
ゆったりした国なんですね。

d0040314_2310813.jpg

[PR]

by e_jovanni | 2005-12-03 23:11 | 人間として

<< 今年もまもなく。 どうしようも無いなあ!(続き) >>